火葬式ってどんなお葬式?メリットや費用をチェックしてみました

簡素化された小さなお葬式

近年、あえて火葬式を選ぶ方が増えています。
火葬式は、小さなお葬式としても知られており、通夜や告別式は行いません。
火葬だけを行い故人を送るお葬式の新しいスタイルです。
これまでは、通夜や告別式を行うことが常識でした。
しかし、簡単なお葬式を望む方も増えており、費用を抑えることができるなどのメリットがあります。

火葬式のメリット

火葬式の一番のメリットは、費用を最小限に抑えることができるという点が挙げられます。
通常、通夜や告別式を行うとなると高額な費用がかかります。
しかし、火葬式を選ぶことで費用の負担を軽減することが可能です。
火葬式の特徴として家族や親戚、仲の良い友人など、親しい方だけでお葬式を行うことがほとんどです。
そのため、食事を用意する数が減るだけでなく、香典返しの負担を抑えることができます。
さらに人によっては、本当に必要なものだけを用意し、豪華な祭壇を省くケースも増えています。
火葬式は、費用の負担を最小限に抑えたいという方だけでなく、身内のみで気を使わない温かなお葬式をしたいという方に最適です。

火葬式の費用

現在、多くの葬儀会社や斎場で火葬式を取り入れています。
年々、火葬式を選ぶ方が増えており、遺族の意向だけでなく故人自身が生前から慎ましいお葬式を選びたいと希望している方も少なくありません。
火葬式は、他のお葬式のスタイルと比べても費用を抑えることができるという特長があります。
ゆぎそうの火葬式は189,000円で行うことができます。
一般葬の場合、100万円近くの費用がかかってしまうと言われている中、火葬式がいかにリーズナブルであるということがお分かりいただけるのではないでしょうか。
火葬式の費用の中には、火葬料や式場の使用料の他にも祭壇や棺などの料金が含まれています。
この他には、飲食代や返礼品などの費用が必要になることもあります。
また、宗教者の場合、お布施や心づけで費用を用意しなければいけないこともあるでしょう。
しかし、一般葬と比較してみても費用を抑えることができることは間違いありません。

火葬式の流れ

メリットが数多くある火葬式ですが、どのような流れで執り行われるのか分からないという方も多いのではないでしょうか。
火葬式は、ご遺体を納棺した後、通夜や告別式を行わず出棺になります。
その後、火葬が行われ収骨されます。
火葬式の特徴としてこれまでのお葬式と違い簡素化されており、通夜や告別式がなく食事を省くことができるので、複雑な手続きや事前準備に時間をかけることもありません。
一般的なお葬式の場合、通夜や告別式の他にも初七日など、やらなければいけないことが多く時間がかかってしまうでしょう。
そのため、遺族の中には負担に感じてしまったりストレスになってしまったりする方もいます。
火葬式であれば葬儀場に到着してから僅か1時間ほどの短時間で、お葬式が終わり解散することも可能です。

火葬式を行う際には慎重に葬儀会社選びを行いましょう

現在、日本人の5人に1人が火葬式を選んでいると言われています。
簡単に行える良質なお葬式の新しいスタイルとしても知られていますが、トラブルに見舞われることなく火葬式を行いたいなら利用する葬儀会社選びを慎重に行うことが大切です。
全国に数多くの葬儀会社があるので、まずは資料請求を行ったり実際に足を運んだりして、安心して火葬式を依頼できるところであるかを見極めなければいけません。
トラブルに見舞われず気持ち良く故人を送り出してあげられるように複数の葬儀会社を確認してみることをおすすめします。

ページ上部へ戻る