お知らせ

コロナ時代の優先事項

お葬式には色々な価値観があります。

昔からの価値観、宗教的な価値観、新しい価値観。

 

コロナ過において受け入れなくてはいけない

価値観について発信します。

政治、メディア、あらゆる方面から

「密を避ける」「ソーシャルディスタンス」等々の言葉が聞こえてきます。

現在の環境では、それが正しいことです。

 

では、それをお葬式に持ち込む方法論を考えます。

1、身内だけで火葬だけを行いコロナ解決後にお葬式又はお別れの場所を作る方法。

この方法の良い所は今までの価値観を守りつつ、コロナ過を生き抜く方法な気がします。しかし遺族は長期化の気配の中、大変な感情にとらわれます。

 

2、お葬式は執り行わない方法。

この方法はシンプルです。コロナ時代につき、新しい選択肢という事です。火葬後の事後報告となりますが、少し手をかけた事後報告お手紙で関係者に生前のお礼とご報告を行います。遺族の感情は何もしてない感半分、ほっとした感半分でしょう。

 

どちらも、100パーセントの答えではありませんが、お客様のお近い感情のほうを選んでください。

 

 

yugitube
粉骨・お骨のパウダー化の実例です。サイズ感や実際に自宅に置く場合に参考にしてください

お問い合わせ 霊安室のご紹介 葬儀の流れ 樹木葬" お骨のパウダー処置" 便利な資料" 対応地域

ページ上部へ戻る